Webサービス

Bizmatesを受けてみた本音と注意点を全てまとめた!あなたはBizmatesを受けるべき?

更新日:

スポンサーリンク



Bizmatesとは

Bizmatesは、グローバルな環境で活躍できるスキルが身につけられる、ビジネスパーソンのためのオンライン英会話です。

オンライン英会話というと、とにかく安く英会話ができるというイメージが先行してしまいがちですが、ここBizmatesはそれら超格安オンラインとは違い、日本のビジネスパーソンが世界で活躍するために必要なスキルを英語とともに身に付けられるオンライン英会話サービスです。

そのため、他のオンライン英会話サービスとそのまま料金を比べると約2倍ほど高く(毎日25分レッスン12000円/月)なっていますが、目的がはっきりしている分、ここから得られるものは掛かった費用以上のものになるでしょう。

だれにオススメ?

  • ビジネスの場で英語を使っていきたい中〜上級者
  • 英語を用いて、海外で通用するビジネススキルを身に付けたい人
  • 海外のMBAを取得しようと思っている人

日本人のための高品質な教材たち

レッスンのタイプは下記の3つ用意されていて、レッスンの予約時に選択することになります。

Bizmates Program Bizmatesのメインとなるプログラム。オリジナル教材「Bizmates Program」をつかって段階的かつ体系的に学習。
Other Programs 身につけたい特定のスキルにフォーカスし学習。(例)海外出張、メール、電話、プレゼン、電話会議、面接など
Assist Lesson 受講生の直近のビジネスの課題をサポートするためのレッスン。 (例)プレゼンの予行練習、資料やメールの添削など

基本的にはBizmates Programに沿って学習していくことになります。また補助的にOther Programsというものが用意されており、特定のシーン(例えば電話対応やプレゼン発表など)を想定した英会話学習もできます。

3つ目のAssist Lessonとは受講者が直近の仕事で英語を使うことになった場合に、添削・修正を講師から行ってもらうことができます。

他のオンライン英会話と決定的に違うのはこの教材の部分で、特にBizmates Programはかなりハイレベルな英語話者にまで対応できる内容になっています。

最初の無料体験時にレベルチェックを行い、5段階でどのレベルが最適か振り分けてもらうことになります。各レベルは以下のようになっているようです。

レベル スキル 目標
レベル1 基本的な英語スキル 中学英語を復習し、自分の意思を伝えられるようになる。
レベル2 コミュニケーションスキル 英語でのコミュニケーションスキルを高め、1対1での対話において問題なく意思相通できるようになる。
レベル3 ビジネススキル ロールプレイやデスカッションを通して、共通の目的を持った相手と英語でビジネスを進められるようになる。
レベル4 ケーススタディ 外国との文化や価値観の違いから生まれる問題を取り上げ、相手にうまく働きかけながらビジネスを進められるようになる。
レベル5 事業の成功のために  ビジネスに対する考え方、知識、人間性にフォーカスし、グローバルな環境でリーダーシップを発揮し、ビジネスを円滑に進められるようになる。

受講者の約90パーセントはレベル1・2になるそうです。次のレベルに進むためにすべてのレッスンを終了しなければならないかというとそういうわけではなく、受講者が簡単だと感じた時には講師へ次のレベルへ行きたいと言えば対応してもらえます。

ただ、上位レベルから下位レベルへ行くことはできないようなので注意が必要です。

他のオンライン英会話で求められる、また身に付けられるレベルもほとんどがBizmates Programの2〜3くらいになると思います。

そのため、長期間オンライン英会話で学習している人には、初めは他のサービスを使用していたけど最終的にはこのBizmatesに行き着くということがあります。

では、Bizmates Programでは具体的にどのようなことを学習するのか一覧を載せたいと思います。

このように各レベル内に100個のレッスンが用意されていて、Rank Aから順に進んでいくこととなります。

基本的には、1日25分レッスンの場合1項目ずつ進んでいくことになるので、全レッスンを受けるとすると毎日続ければ3ヶ月ちょっとで1レベル分が終わることになります。

たまに内容によっては25分以内で終わらないこともあったりするのですが、その場合にはシステムでどこまでプログラムが完了しているのか講師間で共有する仕組みができているので、前回の途中から引き続きレッスンを受けることができます。

では次にレッスンの内容を少し確認したいと思います。

レッスンの内容は自分が所属している各レベルごとに確認できます。つまりレベル2に振り分けられた場合には、レベル2のレッスン内容のみすべて確認することができます。下記画像は受講時の教材のサンプルです。

実際のレッスンではサンプルの画像左半分のみを使用していきます。

レッスンの大まかな流れはサンプル画像の右半分に書かれている通りで、各レッスンごとにBiz Tipを意識して身に付けつつ3つのパートを行い、言い回しや単語などを適宜補足していく流れになります。

Actパートでは基本的に自分自身の会社や考えを元に展開するので、実際に仕事で英語を使用する人にとってはかなり実践的で活きてくるものになります。

多彩な経歴を持った講師陣

Bizmatesの講師はすべてビジネス経験がある人たちです。中にはMBAや博士号を持っている人も在籍しており、自身のビジネス領域に精通した講師を選んで受講することが可能です。

講師の検索には、ビジネス経験や大学在籍時の専攻科目で絞り込みできるので、業界特有の言い回しや知識が必要な内容でも対応しやすいようなシステムになっています。

  

また各講師をお気に入り登録でき、ある程度慣れた人と繰り返しレッスンを行うということもできます。

特にこのサービスを使い始めの頃は自分の英語のレベルや仕事のことを知ってもらうためにある程度同じ人に講師をしてもらい、後々慣れた後で違う人を選んでみるというのが良いと思います。

教材のところでBizmates Programのレベルについて説明しましたが、私の場合、最初の無料体験でレベルチェックをしてくれた講師と数回レッスンを行っていると、レッスン内容は簡単すぎないかと問いかけてくれたりしたので、そういった配慮がしてもらえやすいという意味でも数人以内の講師に担当してもらうのがいいのかなと思います。

Bizmatesの講師陣の質は、他のオンライン英会話に比べるとかなり高めで、レッスン中のやりとりや終了後のレッスンレポートも丁寧な印象を受けます。

しかし、中にはレッスン中にスマホを触っているのかなという講師もいないわけではなかったので、そういう人と当たってしまった場合には次から選ばないようにするという方法しかないと思います。

また他のオンライン英会話のようにお気に入り数順や評価順に講師を並べ替えて選ぶということができないので、自分で経歴や講師の発音を確認しながら探すということになります。

ビジネス特化型ではベストチョイス

ビジネスシーンで使う英語を学びたい人にはBizmatesが今のところベストだとと思います。

というのも、日本人らしさを武器にしつつ、グローバルな環境で活かせる英語を実践にかなり近い形で学べるため、外国人を相手にビジネスを行っていく人にとっては一番実用的な力を付けられるサービスだと思います。

ただ欠点を挙げるとすれば、他のオンライン英会話と比べると値段が高いところです。

もし中学英語などの基本的なことをアウトプットする場を求めている場合にはNativeCampなどでガッツリと1ヶ月間話す練習をしてからこちらのサービスを使うのもいいかもしれません。

現在、無料体験も実施しているのでビジネス英語を身につけたい方はぜひこちらからご確認してみてください。

large-mobile




-Webサービス
-

Copyright© UPandUP!! , 2018 AllRights Reserved.